赤い羽根共同募金は、昭和22年(1947年)から全国一斉に「共同募金会」という民間団体によって、都道府県を単位に行われています。お寄せいただいた寄付金は、社会福祉施設やボランティア団体に助成されたり、地域で、高齢者、障がい者、子どもたちなどが安心して暮らしていくために役立てられます。

平成30年10月1日から実施する赤い羽根共同募金運動に向け、近畿6府県共同募金会(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)が記念バッジデザインを合同募集します。




詳しくは下のファイルをご覧ください


H30 記念バッジ募集要項及び応募用紙.pdf